FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 今年、来年、のライン
2007.12.31(Mon)
0712me.jpg


 本年もお世話になりました、ほそぼそと、やっているつもりで、おります。来年もそんな感じで、なにをどうするかは今分かりませんが、何も余計な事を考えずに動いてなにかそれが結果になればいいと思っています。写真を生きていられたらいいなと思います。来年も良き年であります様に。
スポンサーサイト



// 18:25 // Polaroid 写真 // Trackback(0) // Comment(0)
 すごく普通
2007.12.25(Tue)
 谷中SCAI THE BATHHOUSEにて石川直樹「POLAR」を見た。

 冒険する人らしい。冒険をして写真を撮る。いいと思う。冒険って昔から、知らぬ南国のエキゾチックな色合いの鳥の剥製を持ち帰ったりとかするもんだし、写真を撮るなんてつつましい方だと思うし、撮りたいだろうと思う。写真の実力がすごいのかは私には分からないけれど、なんにせよ楽しい写真だった。

☆☆

 そろそろ、自分と同年代の人の中から「誰か」出て来ないかなあと思う。こう、スターがね。うん。スター。それと関係無く、自分も地道に写真を撮って過ごしたいのであります。と普通の事ばかり書いてみる。
  
// 00:45 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
 もやの中に自分が消えてもいい様なそうでもない様な
2007.12.09(Sun)
 高田馬場ビジュアルアーツギャラリー・東京にて村上仁一写真展「雲隠れ温泉行き」を見た。時間が無かったんだけれど、ここだけは、と思い行った。

 今回の展示は専門学校東京ビジュアルアーツ主催のフォトアウォード2007大賞受賞作品で、青幻舍より写真集が出版されているので個人的にみんなに見て欲しい、と思っている。

 村上さんはゆっくりとこれらを撮りためたと思った。彼の速度で、彼の歩みで、時に焦ったり、そんな事が、彼が生きているっていう事が写真になっていて、ざらーとしたモノクロの、だるい様な、温泉の蒸気のもや、その独特のゆるい雰囲気と、途方に暮れた様なそうでもない様な雰囲気と、わははという感じ。とても変で好きだ。綺麗な額装で展示してあった。ゆっくりとにやーとしながら見た。

 村上さんが覚えていてくだすって恐縮した。写真集は御本人の手から直接、と思っていたので、よかったと思いながら購入した。村上さんはいつもどうもすいませんという様な感じでいらっしゃっるけれども、素敵な写真家さんと思う。なぜか私も嬉しい気持ちでギャラリーを辞した。
// 12:25 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
 新世紀
2007.12.02(Sun)
 恵比寿東京都写真美術館にて「写真新世紀2007」展を見た。青山裕企さんがお目当て。私が興味深く思っているundercoverシリーズで優秀賞をとった事がほんとう嬉しい事だった。あと私の好きな梁丞佑さんの展示、わはは、あの写真を伸ばしたんだーと思った。優秀賞は佳作とやっぱ違う感じが、どこか言葉にしないけどあるのだろうと思った。(私には言葉にする事など出来ません)
// 22:28 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |