FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 ふゆめちゃあーん
2008.02.28(Thu)
 赤坂COEXISTにて山内崇嗣展を見た。冬芽好きにはたまらない展示、新作と思われる冬芽ちゃんはとてもしっかりと描かれていた。キャンバスの上にしっかり描かれているんだけど、キャンバスの端をわざと見せている事で、不安定な感じが、はがれてしまいそうな感じが、した。山内さんの言いたい「洋画」というものは、技術こそ正統派なのだろうと思うが、それが日本に入って来て少し洗練が足りない感じで1つの流れになってしまったところの盲目の安心感、を言いたいのかなと思った。違うかな。はてはて。それが1人の私にとって不思議な人こと山内さんからまとめられて出て来てるのが楽しかった。スノードームとかほんとう素敵だものなあ。

 あとなんていうか「美術ってどうでもいいようなどうでもよくないような感じ」を描こうとしているのかなという感じがした。山内さんの在廊日にお伺いできず大変残念だった。明日までだけど必見なんだよ!VOCA展2008も楽しみなあ。
スポンサーサイト



// 22:40 // 展覧会 // Trackback(0) // Comment(0)
 記録は記憶のため
2008.02.26(Tue)
 東京都庭園美術館にて「建築の記憶」展を見た。

 庭園美術館はいつ行っても素敵だ。そんな美術館の素敵な建築含めて、建築の記憶展があった。この並べ方だと、昔はどちらかというと本当に記録の為のみで、近代にはカタログチックで、現代は作家性のある写真が建築写真、と思われそうな並び方だなあと思った。それは、今までに無い建築写真の切り取り方かなあとも思った。
// 20:42 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
 いちおうね
2008.02.11(Mon)
 書いとかないといけないかな的な。ポラロイド社インスタントカメラ事業からの撤退に伴うフィルム製造の終了。ですってよー。クク。みちこさんだいじょうぶー?
// 00:47 // 雑記 // Trackback(0) // Comment(3)
 太陽みたいな人のモノクロの世界
2008.02.10(Sun)
 新宿コニカミノルタギャラリーにて杉山次郎太写真展「王のいた村」を見た。

 シリウスのグループ展で拝見して、素敵な写真なあと思ったら、その後今回のコニミノのお話を聞く事となり、大変嬉しいなと思った。次郎太さんの朗らかでスマートなおおらかさがいつもいいと思う。今回のテーマはポーランドの村の人々、風景など。モノクロ手焼き。次郎太さんは、必ず女性の綺麗なところを撮るヒトだという感じがする。なごんでるカップルの女性も、カフェでくつろぐ女性も、お花をつんでいるおばあちゃんも、綺麗だなと思った。

☆☆

 開催のお祝いの集まりの後、一緒に居た方が背中を押してくださり、渡部さとるさんに不肖ワタクシのポラのちいさい本を見て頂いて批評をくださいとお願いする事になった。渡部さんは穏やかに、ポラの山の上の方まで来たのだから、ポラじゃない山でも「登れると思うよ」と言ってくだすった。とっても嬉しくもあり、緊張感もただようワタクシだった。ぬおー恥ずかしくて消え入りそうだけどでっかいから消えれないよ的だった訳です。ハイ。
// 02:05 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
 地球は人間のものではない様に
2008.02.05(Tue)
 人のものは、奪ってみて初めて自分のものじゃないって気付くと思う。そこがスタート地点なんだと思う。
// 06:14 // 雑記 // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |