FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 何を信じているか
2009.11.24(Tue)
 富山県立近代美術館にて「I BELIEVE 日本の近代美術」を見た。
 
 大竹伸朗の作品が生で見てみたいなあと思ったのだった。まそれはさておき、私が面白かったのは折元立身さんの「アートママシリーズ」という彼の母を題材にした写真作品だった。彼のお母様がすでに居るだけでキャラ立ちしてるので言う事は無いのだけど、写真作品が大きくても面白いというのは(大きいのは二枚だけだったけれども)考えさせられるなあと思った。
 
 適当にもの言ってしまうけれど、上の年代の人の方が自由度が高く、若い人の作品はまとまりがいい、という感じがした。世の中全体的にそんな気がした。

 それぞれ、信じるものの量は別にいいけど、信じるという力は諸刃の剣というか、すごく弱いかすごく強いかなのかね、自分が生きてる事を信じていると大して迷わないと思った。
スポンサーサイト
// 21:39 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
 頭痛&展示を見る
2009.11.02(Mon)
 有楽町フォトエントランス日比谷にてphotodays受講生写真展2009「Live! Love! Life!」を見た。eriちゃんがお目当て。
 なんていうか本当卒業式という感じだった、技術や見せ方を教わって、今自分が出来る事を1枚に凝縮して見せるって大変そうだと思う。みんな本当偉いよなあと思った。

 高円寺吉野純粋蜂蜜店のギャラリーにてヤスダアキノリ写真展「十→十一」を見た。ひとつ前の展示の傾向がよりハッキリ見える気がした。私が今回いいなと思ったのは「土に帰す」という写真で、写真を撮る時からプリントに至るまで、一つ一つの過程に間違いが無いっていう感じがいいなあと思った。個人的にはヤスダさんがオフィーリアに興味を示しているのが嬉しい様な気がした。
 写真の事とかヤスダさんとお話ししたかったが、拝見しに行った時酷い頭痛になってしまったので早々に辞した。

 新宿third district galleryにて谷口雅彦「ストリッパー結奈美子」を見た。全てカラーでデジタル出力。デジタルカメラは苦労する、との事だった。でも、結さんはとっても美しい肉感で、素敵に写ってると思った。写真集を購入したらおまけの葉書はモノクロ写真だった。谷口さんのいつもの顔。でも、どちらもいいと思った。
 谷口さんに別れの挨拶の為頭を下げたらそのまま目眩でふらついた。頭痛とか目眩とか体力の無さとか、最近なんだか変だな。
// 03:52 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。