FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 
2011.07.19(Tue)
arm_1.jpg

その娘は、とにかく腕を片方だけ全力でぶんぶんと振る事に執心していた。それはありあまる生命の力なのか。
スポンサーサイト
// 23:15 // 写真 // Trackback(0) // Comment(0)
 
2011.07.15(Fri)
men.jpg

また大事にしまわれて、来年の晴れの日までじーっとしてる訳だな。
// 20:49 // 写真 // Trackback(0) // Comment(0)
 
2011.07.07(Thu)
kiku.jpg


 福島の中通りへ行って来た。

 瓦の落ちたお家と地割れが所々残っているが、何事も無い、そんな中通りの風景だった。浜通りには行かなかった。やじうまの趣味は無いし、目的は、墓前へ行く事と、今生きている人に会う事だ。

 生きている人達は、まるで年をとってないかの様で、そして、庭の植物はもさもさと、私の実家と同じ様に育っていた。おばちゃんは佐藤錦と、おはぎと、サラダを出してくれた。家の中には沢山の手芸品、おじちゃんの全て日の丸の構図な写真。ハムスター。福島の訛りがやわらかく心地よい。そんな、ただの暑い日だった。農業畜産業で生きている人が、自ら死を選ばざるを得ない状況とは思えない。

 大内宿に寄った。お祭りは終わってしまったが、とても素敵な町並みだ。全員で写りたいねえと家族と話していたら、近くのお店の人が撮ってくれた。その人の笑顔の方が素敵だと思ったので、一枚撮らせてもらった。藁葺き屋根の駅舎を持つ駅前では、お土産屋のご主人が、自分の所のホウキ草を手前に入れて撮ってやると言って、私はその自慢のホウキ草と一緒に写った。ご主人は満足そうに店の奥に消えた。

 私自身は「狭間に立つ人間」だから、みんなとは違う気持ちで生きている。あくまでも個人的スタンスだ。みんな自分の身を守ればいいし、生き物としてそうすべきだと思う。
// 22:12 // 雑記 // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。