FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 
2009.02.23(Mon)
09m_1.jpg


 「セルフポートレートを何故撮らない人というのが居るんだろう?」と聞かれた。質問してきた人は、撮る側の人だ。

 説得力を持った「撮らない理由」はとりあえず聞いた事が私は無い。それよか、アクションを起こしてる側に興味がある(アクションを意識的に起こさないという事にも興味はもちろんあるけども)。もちろん、その結果としての写真に興味が持てるのもあるし、持てないものもある。私のも人からみればそういったものでも構わない。

 撮り方にもいろいろあるし、撮る人の考えも色々だろう。「自分をみつめて云々」とか割と説得力ありそうで無い意見もよくあるけれど、だからこそ、割り増し気味に自分が写って、ちょっぴり嬉しいなんて事も適度に思っていいと思う。

 自分ですら人体の素材に過ぎない使い方も出来る。自分の中で、手だけならとか足だけなら撮ってもいいかなと思えば、それもセルフポートレートだと思う。撮ってもいいって思えるのは、理由がある。あなたのその手は美しい?その手で何が出来る?恋人に「その手が好きだ」と言われた?その手は一度ぐちゃぐちゃに潰れて、この世に戻ってきた奇跡の手かもしれない?なんだっていい。

 一度、量産の方法が分かれば、いくらでも量産出来るのはどんなジャンルの写真でもそうで、セルフポートレートもその一種でしか無い。量産の先に何があるかは、どんなジャンルの写真でも一緒だ。それだけだ。写真だけじゃなくて、量産の先の着地点なんだろうなあ。

 と、いろいろ思ったけど、そんな事も些細な事だのな。
// 22:15 // Polaroid 写真 // Trackback(0) // Comment(0)
<<ひさしぶりに見た | ホーム | 布で空間をおもう>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。