FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 久しぶりに展示見たなあ
2010.07.16(Fri)
東京藝術大学音楽学部学生会館二階展示室にて金川晋吾「father」を見た。作者の父上は自分自身に興味を失っていて、変わった行動に出る人の様だが、その肉親である父親への彼の目線は、父親への不思議に満ちている様に見えた。
彼の撮る父親はまるで、主人公が「その男は~」という様な文体の小説の挿絵の様だった。父親、ではなく、男は、という感じ。何メーターに伸ばしてあったのか分からないけれど、父親の流した汗の粒もはっきり見える所がすごかった。色も良かったなあ。

新宿コニカミノルタギャラリーBにて佐藤圭太「都市の旋律」を見た。彼が選んだ都市は、多分、関東圏の人で東京を訪れたらどっかしら見た事のある、分かりやすい場所が多かった様に見えたが、その中での都市っぽい建物の中の通りすがる人々のさりげない切り取り方が素敵だった。人の生きてる様はえぐり出されもせず、でも、人生をかいま見る様な気持ちがした。そこが良かった。

新宿コニカミノルタギャラリーCにて第11回コニカミノルタ フォト・プレミオ年度賞 受賞写真展を見た。特別賞の刑部信人「comic」というシリーズがとても練られている気がして良く思えた。でもコミカルだと大賞とれないのかなあ。
// 12:50 // 展覧会(写真) // Trackback(0) // Comment(0)
<<タイトルなし | ホーム | 泣いたり泣かなかったり>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |