FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 
2012.08.22(Wed)
 東京丸の内三菱一号館美術館にて バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴- を見た。一言で言うとエドワード・バーン=ジョーンズは、なんか愚痴とかこぼしながらも楽しそうに絵を書いていたんじゃなかろうか。三菱一号館美術館でも、彼の書いた小さなイラスト「風刺的自画像ー《描かれざる傑作の群れ》をTシャツにしていた位だ。買えばよかったかなあ…。あと、人物の配置とか動きとかを割とちゃんと絵に近い形で素描にしているのだが、そこになんかちいさな赤ちゃんの絵とかずんぐりむっくりとしたねずみの絵みたいなイラストがちょいちょい描いてある。そこがとても面白かった。
 勿論、彼の大好きな神話や物語の世界の大きな絵は素晴らしいものだった。ただ、実は私はエドワード・バーン=ジョーンズは大好きという訳では無いので、でも、なんとなく、見ておきたかったのだ。実際に。

 中野 冬青社 にて 齋藤亮一写真展 「如是 Nyoze」を見た。素敵であった。コントラスト、高め、と、思った。ぐるりと壁にかかっているのをひとつひとつ拝見して、窓際の最後の一枚に度肝を抜かれた。齋藤さんの写真選びって、私が思い込んでいた齋藤さんのイメージを広げるものであった。もう一度言うが素敵であった。8月25日まで。

 鎌倉 GARAGE BLUE BELL にて『THE SUMMER EXHIBITION 2012 - 夏のおわりのドローイング展』を見た。もうねー素敵なんだよ。ご本人がミニ展示って言うだけあるささやかな展示だけれども、素敵なイラストが好きなら見ておいた方がいいと思うよ。だって、プロだもの。9月12日まで。*延長の可能性も有とのこと
// 21:08 // 展覧会 // Trackback(0) // Comment(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。