FC2ブログ
【本を販売しております】 是非ともご覧頂けると幸いです。詳細は→ こちら
【過去の展示履歴等】   詳細は→ こちら

 見ることの身体性
2007.03.11(Sun)
 横浜美術館アートギャラリー1にて「シデロ・イホス 鉄の響き - 原田和男」展(~18日)を見た。「ΣΙΔΕΡΟ シデロ」は“鉄”、「ΗΧΟΣ イホス」は“響き”を表すギリシャ語との事。鎌倉市在住の音響彫刻家さんで、私は、安曇野の岩崎ちひろ美術館で、彼の作品に先に出会っていた(そこで叩きまくって遊んだ)ので、こんな近くでまた同じ作品に出会えるとは思っていなかったのでビックリした。

 子供に向けて展示している様だった、たしかに子供が楽しんで親しめる作品、しかし横浜美術館アートギャラリー1がその場所にふさわしいのかなあと思った。なんか薄暗くて、窓もなくて、微妙な気持ちになり、勿体ないなあと思った。それは私が安曇野の綺麗な花がそばに咲いていて緑が多くて風の吹き抜ける場所で、彼の作品を楽しんだ事があるからかもしれない。

// 20:23 // 展覧会 // Trackback(0) // Comment(2)
<<手の中 | ホーム | やさしいは本当にやさしいのか>>
コメント
 
おひさしぶりですー。

渋谷の個展ではお世話になりました(覚えてらっしゃらないかもしれませんが)。

「やさしい」という言葉自体がもっとファジーというか、輪郭のぼやけた表現なんじゃないか、などと思ってみたりします。

やさしいにもいろいろあるだろうし、中にはやさしさとは対極にあるようなものも混ざってるんじゃないか、そんな感じがします。

また機会があれば見に伺いたいです。
// 2007.03.15 // 21:23 // URL // しまづ // edit //
 
おひさしぶりデスー。
勿論覚えておりますって。写真を撮らせて頂いたし!ルデコで御会い出来て嬉しかったです。あの子にも御会い出来て良かったス。

なんていうか、「やさしい」についてる言葉達を見て、そう思ったんですよ。なんかね。自分の腕不足を感じたというか。

やさしさの対極に見える優しさは、ありますね。

また御会い出来たら嬉しゅうございます。
// 2007.03.17 // 19:46 // URL // みちこ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |